福山旅行記 鞆の浦 「流星ワゴン」永田家と常夜燈

福山旅行記【6】鞆の浦〈4〉 「流星ワゴン」永田家と常夜燈

鞆の浦

鞆の浦

むろの木歌碑

むろの木歌碑

市営渡船のりばの前、對潮楼の真下にあります

むろの木歌碑

むろの木歌碑

むろの木歌碑

新品種のばらに「ウルヴァリン:FUKUYAMA」

新品種のばらに「ウルヴァリン:FUKUYAMA」

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」のロケ地になったことを記念して
新品種のばらに「ウルヴァリン:FUKUYAMA」と名付けたそうです

永田家 「流星ワゴン」

流星ワゴンのロケ地 永田家

鞆港に面した雁木のある美しい場所にありました

「流星ワゴン」忠さん・一雄の自宅の永田家

流星ワゴンのロケ地 永田家

ドラマに使われた忠さんの会社「丸忠総業」の看板や「永田」の表札も残されています

流星ワゴンのロケ地 永田家

蔵の中はフリースペースになっています、ドラマでは外観のみの撮影だったそうです

流星ワゴンのロケ地 永田家

隣は一雄の親友の中華料理「天福軒」でしたが、後に丸忠の本社ビルとなった黄色いビル

雁木(がんぎ)

雁木

潮の干満の差が大きい港に「雁木」と呼ばれる階段状の船着き場が造られた

雁木

最上段には円柱形の船繋石が並んでいます

鞆の浦の鞆港

常夜燈と雁木のある鞆港は鞆の浦の代表的な景色になっています

「流星ワゴン」で何度も登場した鞆港

西町

鞆の浦の街並み

室町時代に形成された、鞆港の中心地

坂本龍馬 いろは丸展示館

鞆港

常夜燈の隣にいろは丸展示館が見えてきます

「流星ワゴン」で、ワゴンが到着した場所

坂本龍馬 いろは丸展示館

坂本龍馬と海援隊が乗っていた蒸気帆船「いろは丸」の船体部品や遺物などの展示館

坂本龍馬 いろは丸展示館

江戸時代に建てられた「大蔵」をそのまま利用しています 入館料200円

常夜燈といろは丸展示館

常夜燈といろは丸展示館

常夜燈

鞆の浦 常夜燈

大雁木先端に建つ常夜燈「燈籠塔」と呼ばれる燈台

鞆の浦 常夜燈

石造りで高さ5m 基礎幅3m「金毘羅大権現」の石額が掲げられています
現存する江戸期の常夜燈の中では日本最大級の高さです

鞆の浦 常夜燈

常夜燈の裏側にはあの穴がありました

「流星ワゴン」幼少期の一雄が家出をして隠れて泣いていた所

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表へ次のページへ