北海道旅行記 小樽&札幌 小樽運河公園&旧日本郵便㈱小樽支店

北海道旅行記 小樽&札幌【4】小樽〈4〉小樽運河公園&旧日本郵便㈱小樽支店

小樽運河公園

小樽運河公園

旧日本郵船の船入り場を埋め立てて造られたメモリアルパーク

小樽運河公園マップ

小樽運河公園マップ

廣井勇銅像

廣井勇

公園の入口には、近代港湾建設技術を確立して小樽築港工事に従事した「廣井勇銅像」があります

石張り舗装

札幌軟石を敷き詰めた石張り舗装
一部には解体された石造倉庫の石材も使用しています

人力車

人力車の観光コースの折り返し地点にもなっているようでした

方位表示盤

方位表示盤

小樽の貿易相手であった世界の港の方向と航海距離を示した「方位表示盤」

小樽運河公園 噴水池

ハシケが出入りしていた船入澗の形を1/4のサイズで模した噴水池が中心にあります

小樽市指定歴史的建造物 第53号 旧日本石油(株)倉庫

小樽市指定歴史的建造物 第53号 旧日本石油(株)倉庫

明治から大正期にかけての木骨石造の倉庫の典型的な建物

休憩所

内部は休憩所として使われています

赤い靴 親子の像

赤い靴 親子の像

赤い靴 親子の像

銅像のボタンを押すと「赤い靴」のメロディが流れます

噴水の出た運河倉庫

10時になると噴水が出ました

旧日本郵船(株)小樽支店

旧日本郵船(株)小樽支店

重要文化財 旧日本郵船(株)小樽支店

旧日本郵船(株)小樽支店チケット

開館時間 午前9時30分~午後5時 入館料 300円

旧日本郵船㈱小樽支店

1906(明治39)年竣工 国指定重要文化財 近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建て

旧日本郵船㈱小樽支店

建物は表玄関を中心に左右対称、北面に貴賓用横玄関を配し背面両翼に張り出すコの字型平面

客溜り

客溜りと高いカウンターで仕切られた営業室

スリッパに履き替えて2階から見学します

大階段手すり大階段手すり

繊細な木彫の大階段手すり

2階廊下

2階廊下

2階貴賓室

2階貴賓室

寄木造りの床、鏡付大理石暖炉で彩られた華麗な貴賓室

貴賓室シャンデリア

空色漆喰の天井、菊紋内摺セードシャンデリア

2階会議室

約198平方メートルの2階会議室

2階会議室2階会議室

吊り天井の彫刻が美しいです

瓦葺附属舎瓦葺附属舎

瓦葺附属舎

渡り廊下でつながった瓦葺附属舎は、木造で趣があります

1階営業室

力強い格天井の1階営業室

木彫キャピタルブラケットライト

木彫キャピタル&ブラケットライト

営業室金庫室

照明器具の高さ、机・椅子類など細部まで復元されて、金庫室もあります

営業室の照明

パンフレットに掲載されている画像のイメージで撮ってみました

旧日本郵船(株)小樽支店 館内地図

小樽市街中心部へ街中を通って戻ります

小樽市指定歴史的建造物 第54号 旧日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫

小樽市指定歴史的建造物 第54号 旧日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫

旧日本郵船㈱小樽支店と同時に隣にあるこの残荷倉庫も建設されました

小樽市指定歴史的建造物 第36号 田中酒造店

小樽市指定歴史的建造物 第36号 田中酒造店

昭和2年に建てられて、現在も酒屋として営業中

手宮線跡地は雑草

色内2丁目あたりの手宮線跡地は雑草に覆われていました

小樽市指定歴史的建造物 第15号 旧早川支店

小樽市指定歴史的建造物 第15号 旧早川支店

紙、文房具を商う早川商店から暖簾分け、後に川又商店となった

川又商店

川又商店

裏手には立派な木造住居部分もあります

小樽市指定歴史的建造物 第19号 旧安田銀行小樽支店

小樽市指定歴史的建造物 第19号 旧安田銀行小樽支店

旧手宮線跡地

1985年に廃止された旧手宮線跡地

旧手宮線跡地旧手宮線跡地

線路がそのまま保存され、遊歩道となっている所もありました

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表へ次のページへ

北海道 旅行記

【北海道】

旅行記ロゴ小樽&札幌

1日目

2日目

3日目

旅行記ロゴトマム&富良野

旅行記ロゴ支笏洞爺国立公園

スポンサーリンク