佐賀・長崎旅行記 武雄温泉

佐賀・長崎旅行記【16】武雄温泉

武雄温泉 楼門

武雄温泉 楼門

入口に建つ天平式の高さ12.5mの楼門 国の重要文化財 辰野金吾の設計

武雄温泉 楼門の干支

楼門の2階天井に彫り込まれた東西南北を表す4つの干支があります

4つの干支

同時期に完成した東京駅舎のドーム天井には8つの干支のレリーフがあります
辰野金吾は首都と故郷の佐賀にある2つの重要文化財で十二支を完結しています

武雄温泉 新館

武雄温泉 新館

国の重要文化財

武雄温泉 新館

大正初期に建てられた華麗な姿が復元されました

武雄温泉 新館 平面図

一階平面図

十銭湯浴室

武雄温泉 新館

大正15年に施行された浴槽床のタイルはマジョリカタイル

武雄温泉 新館

マジョリカタイルのアップ

五銭湯浴室

武雄温泉 新館

八角形になった浴室と天井も印象的です

二階廊下

武雄温泉 新館

南面と西面も展望が効くようにL型廊下になっています

武雄温泉 新館

赤い欄干が印象的

武雄温泉 新館

おもてなしの空間である2階の和室は地栂ジトガの柱で造られています

武雄温泉 新館

楼門が美しく見えます

武雄温泉 新館

階段武雄温泉 新館

番台

武雄温泉 新館

番台からの五銭湯浴室

武雄温泉 新館

武雄温泉 新館

武雄温泉駅

武雄温泉駅駅弁

武雄温泉駅駅弁武雄温泉駅駅弁

武雄温泉駅でレンタカーを返却し、人気の駅弁をいただきました

武雄温泉 15:28 みどり20号  博多 17:50 のぞみ58号 で帰宅しました

戻るこの旅行記の旅程表へ