スイス旅行記 チューリッヒ

スイス旅行記【1】チューリッヒ 

スイス旅程表 2003年7月12日(土)~ 7月21日(月)
1日目 関西空港 ✈ フランクフルト ✈ チューリッヒ  【チューリッヒ泊】
2日目 チューリッヒ ルツェルン ロートホルン鉄道 ブリエンツ湖 インターラーケン 【グリンデルワルト泊】
3日目 フィルスト メンリッヘェン ユングフラウヨッホ  【グリンデルワルト泊】
4日目 ミューレン シルトホルン トリュンメルバッハの滝  【グリンデルワルト泊】
5日目 アーレシュルフト ライヒェンバッハの滝 マイリンゲン 氷河特急  【ツェルマット泊】
6日目 スネガ展望台 ゴルナーグラート展望台  【ツェルマット泊】
7日目 ツェルマット レマン湖 モントルー シオン湖 ジュネーブ  【ジュネーブ泊】
8日目 モンブラン  【ジュネーブ泊】
9日目 ジュネーブ ✈ フランクフルト  【機中泊】
最終日 ✈ 関西空港

今回、飛行機とホテルの予約・空港送迎以外は、自分たちで鉄道を乗り継いで移動します
したがって、現地では個人旅行となります その下準備として、スイス鉄道(SBB)の
ウェブサイトでスケジュールを調べ予定を立てました

チューリッヒに向かって出発

空港表示版1

関西国際空港    9:40発 LH741便   フランクフルト行き 14:55着
フランクフルト 16:10発 LH3674便   チューリッヒ行き  17:05着

LH741便1

LH741便 フランクフルト行き

ルフトハンザのイメージ

ルフトハンザ航空(絵葉書)

翼1

一路フランクフルトを目差してまっしぐら!!!

ルフトハンザ航空 メニュー

ルフトハンザメニュー1

さすがヨーロッパの航空会社だけあって、ワインはフルボトルを開け、たっぷり注いで
もらいました

スイス連邦 Swiss Confederation(CHE)

スイス国旗 

  • 首都 ベルン
  • 面積 約4.1万km² (九州と同じぐらい)
  • 言語 ドイツ語 フランス語
  • 通貨 スイスフラン
  • EU非加盟・シェンゲン協定加盟

スイス地図

チューリッヒ到着

チューリッヒ

スイス最大の都市 チューリッヒ・クローテン国際空港がある空の玄関
しかし、町全体はチューリッヒ湖畔の小さな緑園都市で中世の魅力を
今に伝える歴史都市です

空港から係員と一緒に電車でホテルまで移動する予定でしたが、ホテルの
無料のシャトルバス(所要時間:12分)を利用しました スイスパスと 
ホテルクーポンを受け取りチェックインしました

スイソテル チューリッヒ  Swissotel Zurich

チューリッヒ空港とチューリッヒ中央駅のほぼ中央に位置し、Oerlikon駅前
にあり大変便利です 空港~ホテル間に無料シャトル・バスが運行されており
約12分で連絡します

チューリヒのホテル1
チューリヒのホテル2

スイソテル チューリッヒ Swissotel Zurich

スイスパス

スイスパス

スイス国鉄(SBB)を筆頭に、スイストラベルシステム加盟の鉄道会社の鉄道路線
スイス国内で運行されるポストバス、湖上汽船、主要都市での市内公共交通機関で
利用できます

スイスパス1

スイスパス2

チューリッヒ市内観光

チェック・インの後、チューリッヒの市内観光に出かけました 
Oerlikon駅からチューリッヒ中央駅へ電車に乗りました スイスパスがあるので
切符を買う必要はありませんでした 改札もないので行き先を確かめてそのまま
乗車しました

チューリッヒ中央駅(Zurich HB)と駅前広場

チューリヒ中央駅1 

チューリッヒ中央駅と駅前広場(銅像があるあたり)
チューリッヒ中央駅で、明日のブリエンツ行きのパノラマカーの指定券を買いに
行きましたが、やはり売り切れでした

チューリッヒ湖

チューリッヒ中央駅の近くのバーンホフ通りで市電(上の写真の右の青い車体)に
乗車してチューリッヒ湖を目指します

チューリヒ湖1

チューリッヒ湖の眺め
リトマ川の河口に架かるクヴァイ橋からチューリッヒ湖を望む

チューリヒ湖2

湖畔にはたくさんのヨットが係留されていました

リトマ川両岸の眺め

リトマ河

クヴァイ橋からのリトマ川とチューリッヒ旧市街の眺め 
聖母聖堂、聖ペーター教会、ミュンスター橋、ヴァッサー教会、大聖堂が見えます

大聖堂 Grossmunster

スイス最大のロマネスク様式の教会
堂々と2本の塔がそびえています

大聖堂とヴァッサー教会1

大聖堂(左:Grossmunster)とヴァッサー教会(右)と
リトマ川に架かるミュンスター橋

聖母聖堂 (Fraumunster)

チューリヒ聖母聖堂

ゴシック形式の代表的建造物 
シャガールが描いたステンドグラスがあります

聖ペータ教会 (St.Peterskirche)

聖ペータ教会

チューリッヒで最も古い教会
有名なヨーロッパ最大の時計台

聖ペータ教会時計台

ヨーロッパ最大の時計台をバックに

リンデンホフの丘

チューリッヒ発祥の地 ローマ時代にリトマ川を往来する船から税金を取り立てるため、
カステルム・トゥールクムといわれた砦がリンデンホフの丘に置かれました 
関税という意味のトゥールクムがチューリッヒの語源です

リンデンホフの丘からの眺め1リンデンホフの丘からの眺め2

リンデンホフの丘からのリトマ川右岸の眺望
 地元の人たちが宴会をしていました

リンデンホフの丘への小路

リンデンホフの丘に通じる小道にて


明日はスイスパスを使ってスイス国鉄でルツェルンに移動します

 

この旅行記の旅程表へ 次のページへ

スイス旅行記

旅行記ロゴスイス旅行記

1日目

チューリッヒ

2日目

3日目

4日目

5日目

スポンサーリンク