ドイツ旅行記 フュッセン ロマンティック街道の終点

ドイツ旅行記【24】フュッセン ロマンティック街道の終点

フュッセン駅 Füssen

フュッセン駅

ホーエンシュヴァンガウからタクシーでフュッセン駅へ 9:35
スーツケースをコインロッカーへ入れて列車の時間までフュッセンの観光へ向かいます

フュッセン

標高808m ドイツ・アルプスが背後にそびえる街
オーストリアとの国境に近いヴュルツブルクから350km ロマンティック街道の終点
ノイシュヴァンシュタイン城への観光の拠点

フュッセン バーンホーフ通り Bahnhofstr.

フュッセン Prinz Regent Luitpold von Bayern の銅像

ホテル・ルイトポルトパークの前に Prinz Regent Luitpold von Bayern の銅像が
ありました かつて統治していたバイエルン王国のルートヴィヒ2世とオットー1世
の摂政皇太子です

フュッセン ホテル・ルイトポルトパーク Prinz Regent Luitpold von Bayern の銅像

ホテル・ルイトポルトパークの1階にはスーパーがあり電車の
待ち時間にお買い物ができました

フュッセン 観光案内所

駅から200mほど進むと大きな交差店の左側に観光案内所があります
ここがカイザー・マキシミリアン広場、右側に曲がるとライヒェン通りです

ライヒェン通り Reichenstr.

フュッセン ライヒェン通り

旧市街のメインストリート ライヒェン通り

フュッセン ライヒェン通り

15~16世紀の家屋が立ち並んだ歩行者天国のショッピングストリート

フュッセン ライフェン通り

ライフェン通りの奥にはホーエス城が見えてきます

シュタット・アポテーケ Stadt Apotheke

フュッセン シュタット・アポテーケ

シュタット・アポテーケ 1547年創業 老舗の薬局

フュッセン シュタット・アポテーケ バイエルン王家御用達

壁のプレートには「バイエルン王家 御用達」の記載がありました

フュッセン シュタット・アポテーケ看板

シュタット・アポテーケの看板

フュッセン シュタット・アポテーケ ラーチェンキーファー入りはちみつ

ラーチェンキーファー(松から取ったエキス)入りはちみつ €4.5
せきやのどの痛みにも効果あって観光客にも人気 お土産に買いました

聖マグヌスの噴水 Stadtbrunnen

フュッセン 聖マグヌスの噴水

ライフェン通りの終わりには守護聖人マグヌスが立っている噴水があります

フュッセン 聖マグヌスの噴水

守護聖人マグヌス

パン市場 Brotmarkt

フュッセン パン市場

パン市場付近に中世の町の起源があったと推定されています

フュッセン パン市場のリュート職人の像

1436年 リュートとバイオリン製造の発祥地で弦楽器製作の町として名を広めました

フュッセン パン市場のリュート職人の像

リュート職人の像

フュッセン パン市場の壁面イラスト

フュッセンの建物には壁にイラスト画が描かれているのをよく見かけました

フュッセン市博物館 Museum der Stadt Füssen

 フュッセン市博物館

フュッセン市博物館(旧聖マング修道院)

フュッセン市博物館

748年 聖者マングが宣教師として礼拝堂を築き、後に修道院として発展

フュッセン市博物館

内部は修道院の頃からの改築された回廊跡も見られる博物館になっています
リュートなどの古典楽器の重要な収集も展示

聖霊シュピタール教会 Heilig-Geist-Spiralkirche

フュッセン 聖霊シュピタール教会

正面のファサードに描かれた鮮やかなロココ様式のフレスコ画が印象的な教会

隣の建物の窓枠にもイラストが描かれていました

フュッセン 聖霊シュピタール教会

左:聖フローリアン 右:聖クリストフォルス

フュッセン レヒ川から

レヒ川にかかる橋からのフュッセン市博物館

レヒ川沿岸路 Lechuferweg

フュッセン レヒ川

アルプスの岩石のカルシウムが溶け出し、レヒ川に流れ込み淡い緑色になります
美しい淡い緑色??のはずが、流れが速くにごっていました
上流で雨がたくさん降ったのかもしれません~

フュッセン レヒ川沿岸の遊歩道フュッセン レヒ川沿岸の遊歩道

橋のたもとからレヒ川沿岸の遊歩道へ

フュッセン レヒ川沿岸の遊歩道

遊歩道の看板

フュッセン レヒ川沿岸の遊歩道

19世紀までは重要な交通としてレヒ川をいかだが行き交っていたそうです

フュッセン ロマンティック街道の終点への道

ロマンティック街道の終点へ向かいましたが迷ってしまいました 左側にあった階段を
登れば良かったのですが、民家に侵入するような気がして遠回りしてしまいました

フュッセン ロマンティック街道の終点への道フュッセン ロマンティック街道の終点への道

フロサーガッセ Floßergasse を進むとロマンティック街道の終点の標識が出てきました

フランシスコ会修道院 Franziskanerkloster

フュッセン フランシスコ会修道院

フランシスコ会修道院の中庭

フュッセン フランシスコ会修道院

中庭の銅像

フュッセン フランシスコ会修道院

フランシスコ会修道院の奥に聖シュテファン教会があります

フュッセン フランシスコ会修道院からの市街

聖マング市教区教会とホーエス城が見渡せます

ロマンティック街道の終点 Ende der romantische Straße

フュッセン ロマンティック街道の終点

聖シュテファン教会近くの民家の壁に「ロマンティック街道の終点」

Ende der romantische Straße

フュッセン ロマンティック街道の終点

3本の足を組み合わせたマークは、フュッセン市の紋章

フュッセン ロマンティック街道の終点

フュッセンの語源は「フューセ(足の複数形)」
3本の足は、アウグスブルク・ケンプテン・イタリアへ伸びる3本の街道を表している

フュッセン ロマンティック街道の終点案内画像

ホーエス城から見た聖シュテファン教会と「ロマンティック街道の終点」

フュッセン 城壁

クロスター通りからセーバスティアン通りに出るあたりには
フランシスコ会修道院から続く城壁が残っていました

ホーエス城 Hohes Schloß

フュッセン ホーエス城への道

再びライヒェン通りからフュッセン市博物館の手前を右にホーエス城へ向かいます

フュッセン ホーエス城

1500年頃 アウグスブルク司教の夏の居城として建てられたホーエス城

フュッセン ホーエス城入口

フュッセン ホーエス城

聖マング市教区教会前の入口から入城します

フュッセン ホーエス城

ホーエス城の案内板より

フュッセン ホーエス城中庭

窓の縁飾りとして描かれただまし絵がいっぱいの中庭 右側の角だけが本物です

フュッセン ホーエス城だまし絵

出窓のように見えますが、だまし絵です

フュッセン ホーエス城だまし絵

だまし絵の出窓のアップ

フュッセン ホーエス城中庭

レンガの縁取りの赤い屋根と可愛らしい出窓と白い壁、おとぎ話に出てくるようなお城
です 内部はバイエルン州立絵画分館と市立ギャラリーになっています

フュッセン ホーエス城日時計

日時計もありました

フュッセン ホーエス城時計塔フュッセン ホーエス城時計塔

ライフェン通りから見えた時計塔が展望台になっています

フュッセン ホーエス城時計塔の階段

時代を感じさせる古い急な螺旋階段を登ります

フュッセン ホーエス城

螺旋階段から見えた景色

フュッセン ホーエス城案内

入場できる時間

フュッセン ホーエス城からの景色

レヒ川とロマンティック街道の終点

フュッセン ホーエス城からの景色

三角屋根の並ぶフュッセンの旧市街、ライフェン通り
雪解け水を集めた人造湖のフォルゲン湖が奥に見渡せます

゜:*★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表へ次のページへ

ドイツ旅行記

ドイツ旅行記

1日目

フランクフルト到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目~9日目

旅行準備

ドイツ鉄道個人旅行準備

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク