ドイツ旅行記 ローテンブルク プレーンライン

ドイツ旅行記【9】ローテンブルク〈3〉 プレーンライン

市壁 Stadtmauer

外敵から町を守る為に築かれた石の壁

市壁

最初の城壁は1172年に築かれ、その後拡張されて14世紀に現在の形になりました

市壁市壁

城壁の上の通路は遊歩道になっています
壁には修復で寄付をした人たちの名前が刻まれています

ゲルラッハ旧鍛冶屋

ゲルラッハ鍛冶屋

40年前まで営まれていた鍛冶屋 (地図O)

ゲルラッハ旧鍛冶屋

木骨組み切り妻建築の家屋

ゲルラッハ旧鍛冶屋

家紋のような物が壁に飾られています

市壁

北のクリンゲン門から南のシュピタール門までの約2.5kmは城壁の上を歩くことができます

市壁の上り口市壁の上り口

塔のあたりに市壁の上り口があります

市壁の小窓市壁市壁の小窓

壁には矢を放つための小窓があり、そこからの景色も面白いです

市壁からの街並み

市壁の通路からは街並みを違う角度から眺められます

ジーバーの塔 Siebersturm

ジーバーの塔

1385年頃に建てられた、第二の市壁にあるジーバーの塔 (地図N

プレーンライン Plönlein

プレーンライン

ドイツ中世を伝える景観として最も美しいと言われている撮影ポイント

プレーンライン

プレーンライン

南からの乗り入れ口(ジーバーの塔・左)
タウバー渓谷に直接通じる道(コーボルツェラー門・右)
二つの重要な乗り入れ道により小さな三角形の広場ができているために
ラテン語で「小さな場所」プレーンラインという名がついた

コーボルツェラー門 Kobolzeller Tor

コーボルツェラー門

1360年頃に建造された市門

コーボルツェラー門

コーボルツェラー門 (地図X

コーボルツェラー門

空濠と四つの門があった防御施設だったようです

タウバー渓谷

コーボルツェラー門から出て旧市街の南東のタウバーリビエラと呼ばれる
斜面を降りていくとタウバー渓谷です

二重橋 Doppelbrücke

二重橋

ローマ風の石造りの二重橋

二重橋

タウバー川にかかっています(ドッペル橋)地図Y

Rothenburg ob der Tauber

斜面の上にはローテンブルクの旧市街があり、自然の要塞になっています

Rothenburg ob der Tauber

正式名称のローテンブルク・オプ・デハ・タウバー
「タウバー川の上方のローテンブルク」の意味のわかる場所です

二重橋

二重橋

二重橋

二重橋の上は道路になっています

市庁舎の塔から見た二重橋とコーポルツェラー教会

市庁舎の塔から見た二重橋とコーポルツェラー教会

旧市街の街並み

市庁舎の塔と、泊まっているホテルアイゼンフートの部屋も見えました

タウバー川とコーボルツェラー教会

タウバー川とコーボルツェラー教会

市庁舎鐘塔の展望台からの南西方面

市庁舎の塔から見たプレーンラインからタウバー川と二重橋方面

゜:*★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表へ次のページへ

ドイツ旅行記

ドイツ旅行記

1日目

フランクフルト到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目~9日目

旅行準備

ドイツ鉄道個人旅行準備

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク