フランス周遊旅行記 エクス・アン・プロヴァンス

フランス周遊旅行記【9】エクス・アン・プロヴァンス

エクス・アン・プロヴァンス観光

エクス・アン・プロヴァンス

紀元前123年にローマの執政官 ”ガイウス・セクスティウス・カルウィヌス” 
により『アクアエ・セクスティアエ』(セクスティウスの水)と名づけられた
のが起源でこの ”アクアエ” が現在の名称の ”エクス” に転訛しました
この ”アクアエ”(水)が示すとおり、街中至る所に泉、噴水があります

エクス・アン・プロヴァンス到着

エクス・アン・プロヴァンス市内に到着しました 
ド・ゴール広場にある大噴水『ロトンド』の近くでバスを降り、近くのレストランで
昼食をとりました 

大噴水『ロトンド』

ロトンド

1860年建造で、中央に法律、芸術、農業を象徴する女神像が立っています

昼食

昼食には名物のブイヤベースと魚料理が出ました
ブイヤベースには黄色いマヨネーズのようなものを入れるとおいしいと言われました

エクス-ブイヤベース

地中海名物のブイヤベース

エクス-メインの魚料理

メインの魚料理

ミラボー通り

エクス-ミラボー通り1

エクス・アン・プロヴァンスのメインストリートで、長さは約500m
通りの両側の並木はプラタナスで、樹齢が約500年だそうです

エクス-ミラボー通り2

夏の午後は暑く、皆さんはカフェに涼を求めていました

エクス-ミラボー通り並木

プラタナスの並木が涼しい木陰を作っていました

善良王ルネの像の噴水

エクス-ミラボー通り-ルネ

ミラボー通りの東端にあります 左手に葡萄の房を持っています
この土地にミュスカ種のワインを取り入れた功績を称えられています

エクス-ミラボー通りルネ泉

像の下にあるライオンの口から水が出ていました 涼しげで気持ちが良かったです

名物カフェ『レ・ドゥー・ギャルソン』

レ・ドゥー・ギャルソン

1792年創業で、画家の”セザンヌ”や文豪の”ゾラ”がよく通ったそうです

ミラボー通りの温噴水『ムース(苔)』

ミラボ-ム-ス1

ミラボー通りの真ん中には1734年に造られた温噴水があります 
厚い苔に覆われており、ムース(苔)の愛称で親しまれています

ミラボ-ム-ス2

ミラボー通りの真ん中にあります

ミラボ-ム-ス3

湯加減はどうでしょうか?

ミラボ-セザンヌ2006

通りの街灯には印象派の画家 ”セザンヌ” に関する催し物の垂れ幕が取り付けられて
いました 観光した2006年がセザンヌ没後100周年にあたり、故郷プロヴァンスでは
その功績を称える『セザンヌ2006』が開催されていたのです

サン・ソヴール大聖堂

サン・ソヴール大聖堂

サン・ソヴール大聖堂は5世紀から18世紀にかけて建てられました 
その間のすべての建築様式が取り入れられています

サン・ソヴール大聖堂扉

正面の扉は16世紀に作られたそうです

サン・ソヴール大聖堂回廊

この回廊はロマネスク様式です
円柱はローマ遺跡から移築されたそうです

サン・ソヴール大聖堂アーチ

”セザンヌ”の洗礼と葬儀が行われたそうです

市庁舎の鐘楼

エクス-市庁舎の鐘楼1

1670年に完成しました ファサードはイタリア様式です

エクス-市庁舎の鐘楼時計台

時計塔にはからくり仕掛けが取り付けられています

エクス-市庁舎前広場泉の塔

市庁舎前広場の泉の塔

エクス-市庁舎の鐘楼泉

市庁舎前広場の泉

オーギュスタン広場から大噴水『ロトンド』へ

エクス-オーギュスタン広場

エスパリア通りを通ってオーギュスタン広場に出ました

エクス-オーギュスタン広場泉

オーギュスタン広場の泉

エクス-オーギュスタン広場泉の塔

泉の塔の先っぽは星になってました

ロトンド再び

再び、大噴水『ロトンド』に戻ってきました
ここから、バスに乗りセザンヌのアトリエを目差し移動です

セザンヌのアトリエ

印象派の画家 ”ポール・セザンヌ” が自ら設計し、晩年を過ごしたアトリエを訪問します

エクス-セザンヌアトリエ入り口

アトリエの入り口

エクス-セザンヌアトリエ1  エクス-セザンヌアトリエパンフレット

アトリエ                   アトリエのパンフレット

エクス-セザンヌアトリエ窓

2階に製作部屋があります あの窓の部屋がそうかなぁ?

エクス-セザンヌアトリエ入り口2   

アトリエの入り口                     入場券

エクス-セザンヌアトリエ製作部屋

セザンヌのアトリエ2階の製作部屋
絵の具やイーゼルが当時のままに置かれています 彼はここで静物画を描きました 

セザンヌ サント・ヴィクトワール山

セザンヌの作品 Le Chateau-Noir et la Sainte-Victoire (1904-1906) (絵はがき)

セザンヌの生家

バスは再びミラボー通りに戻り、ここで自由時間となりました
この自由時間に、ミラボー通りを通りオペラ通りに入って、セザンヌの生家を訪れました

セザンヌ-プレート

途中の道には、セザンヌの頭文字の ”C” をかたどったプレートが埋め込まれていました

エクス-オペラプレート

セザンヌの生家が面するオペラ通りを示すプレート

エクス-セザンヌ生家

セザンヌの生家の前でパチリ
中に入ることは出来ませんでした

エクス-オペラ通り

オペラ通り(セザンヌの生家方面に向かって) 

レストランで小休止

少し疲れたのでミラボー通り沿いのレストラン『Bistro Romain』で
休憩しました

Bistro・Romainの外 

Bistro・Romainの内

内部は落ち着いた様子でした 

プレシュール広場付近を散策

プレシュール広場

プレシュール広場に面するマドレーヌ教会 

プレシュール広場塔

教会の隣にある泉のオベリスクの上のコンドル像

アルベルタ広場にある泉

エスパリア通りに面したアルベルタ広場にある泉  

夕食

オニオンキッシュとキール酒

夕食はオニオンキッシュとキール酒でした もちろんビールも飲みました

付け合せのジャガイモとチキン

付け合せのジャガイモとチキン

Best Western Hotel Le Galice

今宵は ”ベスト ウエスタン ル ガリス” に宿泊します

ベスト ウエスタン ル ガリス 表玄関

Best Western Hotel Le Galice の表玄関

 Best Western Hotel Le Galiceパンフレット

Best Western Hotel Le Galiceベット

泊まった部屋はそれほど広くはなかったですが落ち着いた雰囲気でした

Best Western Hotel Le Galice壁   

Best Western Hotel Le Galice部屋2

部屋の窓からはエクス・アン・プロヴァンスの街並やサント・ヴィクトワール山が
よく見えました

ベスト ウェスタン ル ガリス

サント・ヴィクトワール山の夕暮

夕暮のサント・ヴィクトワール山

今日はここまで 
明日は午前中プロヴァンスの田舎を巡り、午後アヴィニョンへ向かいます

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次ぺージへ

  

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

9日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク