フランス周遊旅行記 ジヴェルニー モネの庭園と邸宅

フランス周遊旅行記【30】ジヴェルニー モネの庭園と邸宅

8日目 モネの邸宅と庭園の観光

8日目は終日フリータイムなので、Paris Vision のオプショナルツァーに参加して
ジヴェルニーにある印象派の画家モネの邸宅と庭を観光します

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

モネの邸宅と庭

モネは43歳の時、安住できる終の住みかを探し始めます そして、ウール県の小さな
村ジヴェルニーに好みの家を見つけます 家は広々としており、パリからも70キロと
それほど遠くない好条件で、しかも庭付きでした 季節ごとに植生のバランスがとれ
た庭、近くの川から水を引き入れた池、日本の太鼓橋と藤棚など、彼はここに自分の
理想とする風景を作り上げていきます この楽園を主題として、「睡蓮」の連作など 
次々と傑作を生み出していきます

ジヴェルニーへ出発

 オプショナルツァーのバス

Paris Vision のオプショナルツァーのバスに乗ってジヴェルニーへ出発です

ジベルニ道路渋滞

道路が混んでます 長蛇の列です

ジヴェルニーに到着

モネの邸宅と庭に向かいます

モネの庭と邸宅への案内板

モネの庭と邸宅への案内板がありました

ジヴェルニーの街の地図

ジヴェルニーの街の地図

ジヴェルニー水路

庭に繋がる水路かな

モネの邸宅と庭

モネの庭と邸宅のチケット

モネの庭と邸宅のチケット

モネの庭と邸宅のチケット裏1     モネの庭と邸宅のチケット裏2

チケットの裏面の写真
太鼓橋              邸宅内部(なお、邸宅内部の写真は撮影禁止です!)

モネの邸宅と庭の地図

水の庭園

1893年、モネは家の前庭「クロ・ノルマン」の向かいの土地を購入しました モネはそこ
に約20メートルの池を堀り、手前に流れるリュ川の流れを変えて川の水を引き入れました 
また、水門を設けて池の水を入れ替えられるようにしました さらに、1901年には、新た
に隣接地を購入し、最初の池を東側に拡張しました
このように全長60メートル、最大幅20メートルの池になりました

水の庭園1

橋が見えてきました

水の庭園2

中央に太鼓橋が見えます

水の庭園3

観光客が大勢います やはり人気があります

太鼓橋1

太鼓橋の大写し 藤の花が咲いています

太鼓橋絵

「睡蓮の池と日本の橋」 プリンストン大学美術館

睡蓮1

睡蓮が浮かんでいます

睡蓮2

こんな風景を見て睡蓮の絵を描いたのでしょうね

睡蓮(緑の反映)

「睡蓮(緑の反映)」 オランジェリー美術館 

睡蓮の花

可憐に咲く睡蓮の花

色々な植物

色々な植物が植えられています

太鼓橋の上

太鼓橋の上 藤の花が咲いてました

睡蓮と柳1

時間の流れが止まったように感じます

太鼓橋2

少し離れた所から太鼓橋をパチリ

ジヴェルニの庭園の花1

何の花でしょうか

睡蓮と柳2

柳と睡蓮

ジヴェルニの庭園の柳

柳の間にモネの邸宅が見えました

太鼓橋裏側

裏側から太鼓橋をパチリ

クロ・ノルマン

モネがジヴェルニーの家を購入した時、家の前の敷地は広い果樹園でした そこには植え込
みが点在し、中央の小路の両側に沿って細長い2つの花壇が入口まで続いているだけでした
彼はこの果樹園を造園家に頼らず、自分の力で、ありのままの姿をした、見て楽しむ庭園、
花の庭園に作り変えました これが「クロ・ノルマン」(ノルマンの囲い庭園)です

クロ・ノルマン1

色鮮やかな花々が咲いています

ジヴェルニの庭園の花2

クロ・ノルマンの花々 ダリアかな

クロ・ノルマンの小路1

ジヴェルニの庭園の花3

これもダリアかな

クロ・ノルマンの小路2

小路をまたぐアーチ状のファンス 
シーズンにはバラが這うようになっています
このフェンスの設置にあたってはモネと妻の間で一悶着があったそうです

クロ・ノルマンの小路3

ラベンダーが小路の両端に植えられています

ジヴェルニの庭園の花4ラヴェンダー

ラベンダー

クロ・ノルマンの小路4

小路を歩いて邸宅の方へ移動

ジヴェルニの庭園記念植樹

クロード・モネ財団と日本の公園との交流の記念植樹がありました

モネの邸宅

庭園と庭

モネの邸宅が見えてきました

モネの邸宅1

観光客で賑わっています

モネの邸宅2

続々と中に入っていきます

モネの邸宅3

邸宅手前に植えられた花々も鮮やかです

モネの邸宅4

モネの邸宅5

邸宅内部に入ります 撮影は禁止のため写真はありません 残念!
浮世絵がたくさん飾られていました さすがジャポニズム!

モネの邸宅からの庭の眺め

邸宅の2階からクロ・ノルマンをパチリ

再び庭へ

邸宅を出て再び庭に出ました

ジヴェルニの庭園の花4

またまたダリアかな

クロ・ノルマンの小路と入り口

クロ・ノルマンの中央の小路から入口方向をパチリ

邸宅の入り口

振りかって邸宅入り口もパチリ

邸宅の内部1

邸宅の内部2

悔しいので邸宅の内部を外側から撮影してみました 
(あくまでも邸宅内部での撮影は禁止です!)
モネの絵のレプリカが飾られています 
上が「ヴェトィユの画家の庭」
下が「印象、日の出」
右が「カササギ」

クロ・ノルマンの小路5

花々に光が燦燦と降り注ぎます

クロ・ノルマンのラベンダー

ラブンダーに蝶が留まっていました

アトリエ

アトリエにあったモネの写真

アトリエにあったモネの写真

クロード・モネ財団のポスター

クロード・モネ財団のポスター

クロード・モネ通り(邸宅の外側)

モネの邸宅を出てると、そこはクロード・モネ通りになります

モネの邸宅出口付近

出口付近 手前がクロード・モネ通り

クロード・モネ財団のプレート

クロード・モネ財団のプレート

クロード・モネ通り1

クロード・モネ通り(ヴェルノン方面)

クロード・モネ通り2

クロード・モネ通り(反対方面)

また、バスに乗ってパリに戻ります 
マルモッタン美術館とオランジェリー美術館をめぐります

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次ページへ

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

9日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク