フランス周遊旅行記 モン・サン・ミシェル 到着

フランス周遊旅行記【25】モン・サン・ミシェル〈1〉 到着

7日目 モン・サン・ミシェル観光

世界遺産ロゴモン・サン・ミシェル Mont-Saint-Michel

モン=サン=ミシェルとその湾 世界文化遺産 / 1979年

モン・サン・ミシェル  Mont-Saint-Michel

フランス西海岸、サン・マロ湾に浮かぶ小さな島、およびその上にそびえる修道院です
カトリックの巡礼地のひとつで、「西洋の驚異」と称されました サン・マロ湾は潮の干満
の差が最も激しい所として知られ、潮の満ち引きの差は15メートル以上になります この
ため、かっては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としました
修道院の主要部はゴシック様式ですが、内部はいろいろな中世の建築方式が混ざり合って
構成されています
その歴史については以下のとおりです
・708年、対岸の街アヴランシュの司教オベールは3度にわたって夢の中で大天使ミカエル
 から「この岩山に聖堂を立てよ」とのお告げを受けました オベールは1回目、2回目の夢
 では信じませんでしたが、3度目の夢に至ってお告げが本物であることを確信し礼拝堂を
 作りました 
・966年、ノルマンディ公リシャール1世がフランドル地方から僧侶を受け入れ、ベネディ
 クト派修道院が誕生しました 以後、修道院と聖堂は増改築を重ね、13世紀には現在と
 同じような形になりました
・百年戦争の間には、修道院は閉鎖され、英仏海峡に浮かぶ要塞として使われました 幸い
 なことに、干満の差と潮流の激しさが敵の侵入を阻止し、戦火に見舞われることなく戦時
 を乗り越えました 16世紀には修道院として復活しました
・フランス革命後は修道院は廃止、1863年まで監獄として使用され、その後荒廃していま
 した 
・しかし、ロマン派の作家ビクトル・ユーゴーらの運動により再び脚光を浴び、モン・サン
 ・ミシェルへの観光がブームとなりました 
・1849年には陸との間に堤防が造成され、鉄道、道路が整備され、有数の観光地となりま
 した 
・1874年には「歴史記念物」となりました 
・1979年「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産に登録されました

モン・サン・ミシェルへ出発

バスに乗車し、モン・サン・ミシェルを目指します 所要時間は約5時間です

モン・サン・ミシェルへ1

パリを出て長閑な田園風景の中を移動

モン・サン・ミシェルへ2

湖や森の中をバスは進みます

モン・サン・ミシェルまで95キロ

モン・サン・ミシェルまで95km

モン・サン・ミシェル看板

モン・サン・ミシェルの看板が現れました

モン・サン・ミシェルに接近1

モン・サン・ミシェルが近づいてきました パリを出たあたりから一緒に走ってきたバン
が依然とバスを先導しています

モン・サン・ミシェル接近2

バスの車窓から遥か向こうにモン・サン・ミシェルが見えてきました

La Bergerie

モン・サン・ミシェルに向かう途中に対岸の街アヴランシュのレストランで昼食をとりました

レストラン La Bergerie

レストラン La Bergerie 皆さん はい ポーズ

レストラン La Bergerie のオムレツ1

モン・サン・ミシェル名物のオムレツがで出てきました
店員さんが取り分けてくれました

レストラン La Bergerie のオムレツ2

さあ、名物オムレツに舌鼓です 味はウーン・・・

レストラン La Bergerie の様子

ハイ ご馳走様でした 完食です 店内もなかなか良い雰囲気でした

レストラン La Bergerie からのモン・サン・ミシェル

レストランからモン・サン・ミシェルが間近に見えます

到着寸前でのモン・サン・ミシェル

モン・サン・ミシェル到着直前にバスを停車してパチリ

モン・サン・ミシェル到着

いよいよモン・サン・ミシェルに着きました

アヴェンセ門

後方の門がアヴェンセ門 いよいよ内部に入ります

前哨門(ブールバール門)

前哨門(ブールバール門)があります ここも通り抜けます 

「ラ・メール・プーラール」1

左手はオムレツで有名な「ラ・メール・プーラール」、右手は王の門(ロワ門)

「ラ・メール・プーラール」2

中を覗くと、店員さんがリズミカルな音を立ててオムレツを作っていました

「ラ・メール・プーラール」3

「ラ・メール・プーラール」4

「ラ・メール・プーラール」の看板 
プーラールおばさんがオムレツを焼いている場面を看板にしています

「ラ・メール・プーラール」5

この店でオムレツ食べたかった・・・

王の門(ロワ門)
フランス王が派遣した衛兵が詰めていた城門で要塞時代の面影が残っています

次は、王の門を潜ってグランド・リューに入っていきます

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次のページへ

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク