フランス周遊旅行記 パリ オランジュリー美術館

フランス周遊旅行記【32】パリ〈5〉 オランジュリー美術館

オランジュリー美術館

マルモッタン・モネ美術館に続き、オランジュリー美術館に行きます

オランジュリー美術館

 パリにある印象派とポスト印象派の美術館 モネ、セザンヌ、ルノアール、シスレー、
 マティス、モディリアーニ、ピカソなどの作品を収蔵しています
  1852年にナポレオン3世が建てたオレンジ栽培温室を、1927年モネの「睡蓮」の連作
 を収めるために改造して、美術館として整備しました 当時のモネの「睡蓮の間」には
 天井から外光が降り注いでいました 
  フランス国家に寄贈された「ジャン・ヴァルテル=ポール・ギョーム コレクション」
 を展示するため、1956年から1963年にかけて、「睡蓮の間」の上に2階部分が作られま
 した その結果、「睡蓮の間」は外光を失いました  
  その後6年間に渡り大改装が行われ、地下に展示室が設けられてコレクションが移さ
 れました 再び「睡蓮の間」は外光を取り戻し、2006年5月にリニューアルオープンし
 ました 我々が訪れたのはそのリニューアルオープンの直後でした

オランジュリー美術館の外観

オランジュリー美術館の外観

収蔵作品

シスレー 「ルーヴシエンヌのモンビュイッソンの道」

シスレー 「ルーヴシエンヌのモンビュイッソンの道」

モネ 「アルジャントゥイユ」

モネ 「アルジャントゥイユ」

ルノアール 「風景の中の裸婦」

ルノアール 「風景の中の裸婦」

セザンヌ 「静物ー洋梨と青リンゴ」

セザンヌ 「静物ー洋梨と青リンゴ」

セザンヌ 「砂糖壷と林檎のある静物」

セザンヌ 「砂糖壷と林檎のある静物」

モリディアーニ 「ビロードのリボンをつけた婦人」

モリディアーニ 「ビロードのリボンをつけた婦人」

ローランサン 「女たちと犬」

ローランサン 「女たちと犬」

マティス 「若い娘と花瓶」

マティス 「若い娘と花瓶」

マティス 「マンドリンを持つ女」

マティス 「マンドリンを持つ女」

ピカソ 「大きな静物画」

ピカソ 「大きな静物画」

ピカソ 「抱擁」

ピカソ 「抱擁」

ドラン 「大きな帽子のポール・ギョーム婦人の肖像」

ドラン 「大きな帽子のポール・ギョーム婦人の肖像」

ドラン 「Paysage du Midi」(南仏風景)

ドラン 「Paysage du Midi」(南仏風景)

ドラン 「画家の姪」

ドラン 「画家の姪」

ユトリロ 「クリニャンクールの教会」

ユトリロ 「クリニャンクールの教会」

ユトリロ 「サン・ピエール教会」

ユトリロ 「サン・ピエール教会」

ユトリロ 「ベルリオーズの家」

ユトリロ 「ベルリオーズの家」

ユトリロ 「国旗をあげた村役場」

ユトリロ 「国旗をあげた村役場」

ユトリロ 「モン・スニ通り」

ユトリロ 「モン・スニ通り」

ユトリロの作品群

ユトリロの作品群

ポール・ギョームの部屋

ポール・ギョームの部屋1

ポール・ギョームの部屋2

中世の遺跡

中世の遺跡

美術館の改装工事中に中世の遺跡が発見されました

睡蓮の間

美術館1階には「睡蓮の間」と呼ばれる2つの楕円形の特別展示室があり、モネの遺作
「睡蓮」の連作8枚が展示されています 

睡蓮の間

観光客で賑わっています 部屋は楕円形です

8枚の「睡蓮」の連作

いずれも縦は2m、横は6m~17m 楕円形の壁に沿って展示されています

睡蓮、朝 その1

睡蓮、朝 その2

「睡蓮、朝」

睡蓮、雲

「睡蓮、雲」

睡蓮、緑の反映

「睡蓮、緑の反映」

睡蓮、日没

「睡蓮、日没」

睡蓮、樹々の反映

「睡蓮、樹々の反映」

明るい朝、しだれ柳

「明るい朝、しだれ柳」

睡蓮、朝、しだれ柳

「睡蓮、朝、しだれ柳」

睡蓮、二本の柳

「睡蓮、二本の柳」

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次ページへ

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

9日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク