フランス周遊旅行記 プロヴァンス ラコスト

フランス周遊旅行記【11】プロヴァンス〈2〉 ラコスト

ラコスト Lacoste

小高い丘に広がる静かな村 その丘の上には、かの悪名高きサド公爵が所有し
廃墟となった館跡があります

ラコストの村の中での撮影ポイントです

ラコスト標識

ラコストはこちら ラコストへ向かう途中にあった標識

ラコストの村の中へ

ラコスト入り口

①いよいよラコストの村の中へ入ります まずは添乗員さんから説明を受けます

カフェ・ド・サド

②サント=トロフィーヌ通りを進んでいくと、サド公爵の名を冠した ”カフェ・ド・サド”
がありました サドのイメージとは程遠い、のんびりとした雰囲気でした 

サント=トロフィーヌ通りからの城跡

通りを進んでいくと、右手の石造りの家の上方に館跡が見えてきました

ラコスト石のアーチ

③石のアーチ その上方に新しいネット状の物体が見えます 何でしょうね?

フール通りへの分岐点

④サント=トロフィーヌ通りからフール通りへの分岐点
サント=トロフィーヌ通りは右側に続きます

サント=トロフィーヌ通りとアーチ

⑤サント=トロフィーヌ通りを振り返ってみると先ほどの石のアーチの裏側が見えます 
通りの左側にネット状の物体が見えます 石畳がすごいです

サント=トロフィーヌ通り紆余曲折

⑥サント=トロフィーヌ通りの石畳は右に曲がり、左に曲がり、まさに紆余曲折
さらにフレスカド通りに繋がりますが、右に曲がって時計台の下でオルロージュ・ド
通りに入っていきます 

オルロージュ・ド通りの時計台の裏側

⑦オルロージュ・ド通りに入ったあたり、時計台の裏側になります
鐘がポツンとぶら下がっています 

ラコスト城跡へ通じる通路

⑧オルロージュ・ド通りの左カーブを先に進んで右に曲がれば、館跡へ通じる通路に入ります
館跡へはあとわずか この上です

サド侯爵の館跡

ラコスト城跡

⑨サド侯爵の館跡に到着
あとで分かったのですが、2001年にサド侯爵の館がピエール・カルダンに買収された
らしいのです 道理で、館跡の広場では、ピエール・カルダン主催の催し物の準備作業
がされていました 下から見えた白色のネットも催し物の一部だったんでしょう

ラコストからのボニュー

先ほど訪れた隣村の ”ボニュー” が見えました

城跡への通路1

⑩館跡からこちらに繋がるもう一本の通路が見えました

城跡への通路2

⑪その通路を通って下に下ります

ラコストの村の中へ

フレスカド通り

⑫フレスカド通りに降りてきて、狭い通路を時計台方面へ 

フレスカド通り時計台下

⑬フレスカド通りを時計台の下へ 時計台のアーチをくぐればオルロージュ・ド通りに入って
しまい、また城跡に上ってしまいます 右側のサント=トロフィーヌ通りを進んで駐車場へ
戻ります

ラコスト駐車場

⑭駐車場に戻ってきました 少し生活の匂いがします
車が駐車しているのがス・バリ通り ボニュー道路からD106に
入ったあたりからバスに乗りました

ラコストに別れを告げ、次の訪問地ゴルドに移動です 

昼食

ゴルド途中のレストラン

ゴルドに向かう途中、レストランにて昼食です

プロヴァンス名物のビーフシチュー

プロヴァンス名物のビーフシチューをいただきました 

お腹も満たされたところで、いよいよゴルドへ出発です

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次へ

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

9日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク