ハワイ旅行記 ハワイ島 キラウエア火山

Tokoの夢物語!写真と旅行記
http://www.tokotabi.net/

ハワイ旅行記【3】ハワイ島 キラウエア火山

キラウエア・イキ火口 Kilauea Iki Crater

キラウエア・イキ火口

ハワイ火山国立公園の入り口(Entrance Station)で入場料(車1台$10)を払い
カルデラに沿って一周しているクレーター・リム・ロード(Crater Rim Drive 18km)を
左に行くとキラウエア・イキ火口の展望台に着きます

キラウエア・イキ火口

1959年に噴火したキラウエア・イキ火口 A 

キラウエア・イキ火口展望台から見たハレマウマウ火口

キラウエア・イキ火口の中にトレイルがあって歩いている人も見えます

ハレマウマウ火口

キラウエア・イキ火口展望台からハレマウマウ火口を望遠で撮ってみました

オヒアとレフア

ハワイ島の花で、ひとつの植物が木と花で違う名前を持っています
ハワイに古くから伝わる伝説によると言われています

オヒア(木)とレフア(花)オヒア(木)とレフア(花)

オヒア(木)とレフア(花)

オヒアはハワイ固有の樹木で、溶岩が流れた後
不毛の大地に一番最初に生えてくるたくましい植物

オヒアの木に咲く花は木とは別の名前を持っていてそれがレフア

オヒアとレフアの伝説

ハワイ島にオヒアとレフアという美しい恋人同士が住んでいました。
ある日、オヒアがプナの森を散策しているところを
火山の女神ペレが見かけ、オヒアに一目惚れ、自分の恋人になるよう迫ります。

でもオヒアにはレフアという将来を誓った恋人がいるのでことわりました
それを怒った女神ペレは、オヒアをプナの森に生える木に変えてしまいました。

オヒアの恋人のレフアは泣きながらブナの森を探しさまよいました。
レフアが泣く度に雨が降り続き、いつまでも太陽の光を見ることができません。
この事態をいぶかしんだ他の神々がレフアに事情を聞いたところ
恋人が木に変えられてしまって泣き悲しんでいるのだとわかります。

同情した神々は、一旦木になったオヒアを人間に戻す事はできないので
レフアをその木に咲く花にしてあげることで、再び一緒になれるように
取りはからったのでした

今でも、「むやみにレフアを摘むと、オヒアと離ればなれになった彼女が泣いて
雨になる」と信じられているのです。

サーストン・ラバ・チューブ Thurston Lava Tube

溶岩が流れて外が固まってできたトンネル

サーストン・ラバ・チューブサーストン・ラバ・チューブ

サーストン・ラバ・チューブ展望台

サーストン・ラバ・チューブ展望台

溶岩の上に最初に育つオヒア、その次に育つしだが群生

サーストン・ラバ・チューブ入口

サーストン・ラバ・チューブ(溶岩トンネル)溶岩トンネルの入り口 B

サーストン・ラバ・チューブ内部

内部は真っ暗です

サーストン・ラバ・チューブ

トンネル内の、明かりの周辺だけ植物が生えてきています

サーストン・ラバ・チューブ

フラッシュ焚いたらこんな感じになりました

クレーター・リム・ロードからの溶岩台地

クレーター・リム・ロードを進んでいくと、道の両側には溶岩台地が広がってきました

1982Lava Flow

このように、いつ流れた溶岩なのかの標識があります  C

ハレマウマウ火口 Halemaumau Crater

火山を司る女神「ペレ」、今なお彼女が住んでいると言われている火口

ハレマウマウ火口

直径900m 深さ80m 底には裂け目が走り、硫黄臭の強い噴煙が立ち上っています

ハレマウマウ火口とマウナロア山

かなたにマウナ・ロア山が見えます

ハレマウマウ火口展望台への標識

ハレマウマウ火口の展望台へは、駐車場から5分ほどこのような道を歩いていきます

ハレマウマウ火口ハレマウマウ火口

このように穴があいていたり、硫黄臭の噴煙があがっています

ハレマウマウ火口とマウナロア山

ハレマウマウ火口  D

ハレマウマウ火口のアップ

1974年に噴火ハレマウマウ火口

トーマス・ジャガー博物館&火山観測所
Thomas A.Jagger Museum

ト-マス・ジャガー博物館

火山活動のシステムをパネルなどで展示

ト-マス・ジャガー博物館

ト-マス・ジャガー博物館 E

女神「ペレ」

火の女神「ペレ」

ジャガー博物館

ジャガー博物館ジャガー博物館

2種類の溶岩

溶岩はこのようにドロドロとゴツゴツの2種類あるようです

火山観測所

火山観測所

ジャガー博物館の隣には火山観測所があります

キラウエア・カルデラ Kilauea Caldera

今でも噴火活動し続ける活火山、標高1,243mのキラウエア火山にあるカルデラ

キラウエア・カルデラ

ジャガー博物館の前の展望台からは直径4.5kmもの巨大な
キラウエア・カルデラを一望できます

キラウエア・イキ火口

キラウエア・イキ火口

ハレマウマウ火口

ハレマウマウ火口

今まで観光してきたそれぞれの火口が反対側から見渡せます

キラウエアカルデラ

ハワイで唯一の世界遺産 ハワイ火山国立公園

ハレマウマウ火口

2007年の溶岩の流れの変化で、歩いて真っ赤な溶岩を
見ることができなくなっていて残念でした

キラウエア火山地図

Aキラウエア・イキ火口 Bラバ・チューブ C1982年噴火溶岩
Dハレマウマウ火口 Eジャガー博物館

゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

この旅行記の旅程表へ 次のページへ

ハワイ旅行記

ハワイ島旅行記

1日目

ハワイ島① ハワイ島到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目~9日目

オアフ島旅行記

スポンサーリンク