イタリア旅行記 ミラノ サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

Tokoの夢物語!写真と旅行記
http://www.tokotabi.net/

イタリア旅行記【26】ミラノ(1) サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
Santa Maria delle Grazie

「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会および修道院とレオナルド・ダ・ヴィンチによる《最後の晩餐》」 世界文化遺産 / 1980年

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

バスを降りて住宅街を少し歩くと正面にレンガ造りの教会が見えてきました

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

15世紀後半に建てられたドメニコ派の修道院と教会

《最後の晩餐》のある修道院

修道院

教会とクーポラ

教会とクーポラ

マジェンタ通り

マジェンタ通り

古きミラノの面影を残すマジェンタ通りに面しています

トラム

ミラノのトラム(市電)

レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》

修道院の入口《最後の晩餐》の案内板

教会の左側にある修道院の食堂に壁画があります

レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》

新約聖書に記された最後の晩餐のシーンを高度な遠近法を用いて描かれた
4.2m x 9.1mの巨大な壁画(撮影不可)

12人の使徒に向けてキリストが「汝らのひとり、我を売らん」と
告げた瞬間が表現されています

修道院からの出口

《最後の晩餐》の鑑賞は完全予約・25人の入れ替制
ツアー全員が同じ時間の予約が取れておらず2班に分かれての鑑賞になりました

《最後の晩餐》の案内板

時間が離れていたので最初の班の鑑賞後、スフォルツァ城を見学して
再び教会へ戻りましたが旅行記はまとめて掲載しています

最後の晩餐チケット

最後の晩餐見学チケット €8+予約料€1.5

ダヴィンチ・コード

「ダヴィンチ・コード」では《最後の晩餐》に秘密が暗号化されているという解釈でした

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

ミラノの守護聖人を祀った教会

ゴシック様式

すっきりと洗練されたゴシック様式の身廊部分

ルネサンス様式のクーポラ

華やかで巨大なルネサンス様式のクーポラ

修復中の教会内部修復中の教会内部クーポラ

教会のクーポラは修復中でした

中庭

教会の奥に緑が美しい中庭がありました

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

半円アーチの美しい回廊の中庭から見たサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

《最後の晩餐》は1班で鑑賞できました、再び戻り2班目が鑑賞している時に
教会が開いていたので内部を鑑賞しました

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

前のページへ戻る この旅行記の旅程表へ 次のページへ

イタリア旅行記

イタリア旅行記

1日目

ローマ① ローマ到着

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目~8日目

準備・前泊

旅行準備と羽田空港前泊

スポンサーリンク