イギリス旅行記 ウィンザー ウィンザー&イートン

Tokoの夢物語!写真と旅行記
http://www.tokotabi.net/

イギリス旅行記【9】ウィンザー〈1〉 ウィンザー&イートン

ロンドンから約30km西にあるウインザー城へ
オプショナルツアーも催行されていますが、交通の便も悪くないので
自分たちで列車に乗って行くことにしました

ウィンザーとイートンの街へのアクセス

〈1〉パディントンLondon Paddingtone駅からスラウSlough駅で乗り換えて
   ウィンザー&イートン・セントラルWindsor & Eton Central駅へ

〈2〉ウォータールーWaterloo駅から
   ウィンザー&イートン・リバーサイドWindsor & Eton Riverside駅へ

〈3〉グリーン・ライン・コーチ・ステーションからバスで

私は〈1〉のパディントン駅からの方法で行きました

First Great Western鉄道が運行しています(ホームページで時刻表・運賃の検索可能)

パディントン駅の切符売り場で Windsor & Eton Central Station までの片道(single)
か往復(Return) の切符が買えます
鉄道にはオンピークとオフピーク料金があります(地下鉄とは時間が違います)
トラベルカード&ロンドンパスで乗車可能(ロンドンパスについては次回掲載予定)
駅に到着したのが朝の7時30分ぐらいだったので、もう少し後の時間の列車だったら
オフピークトラベルカードも使用可能と言われたけど、待つのも時間の無駄なので切符
を買いました
料金はかなり違うのでご注意を(平日9時30分以降と休日がオフピーク料金)
鉄道には改札口はないので、切符を買って掲示板でホームを確認して直接乗車します

         

ウィンザー&イートン・セントラルへの片道切符

First Great Western 切符
パディントン駅 → ウィンザー&イートン・セントラル駅  片道 £7.7 所要35分

パディントン駅 London Paddington

パディントン駅First Great Western鉄道内部

9番ホームから出発です、停車駅の表示もあるのでSlough駅を確認して乗車しました
特急列車のような内装でした

スラウ駅で乗り換え Slough

スラウ駅スラウ駅

下車したホームの向いのホームからウィンザー&イートン・セントラル行きは発車しました

ウィンザー&イートン・セントラル駅終点
Windsor & Eton Central

ウィンザー&イートン・セントラル駅ファースト・グレート・ウエスタン鉄道

折り返し運転の駅だからでしょうか、ホームの真ん中に新幹線のようなゲートがありました


より大きな地図で ウィンザー&イートン  を表示

アイコンをクリックするとその場所の説明が表示されます

ウィンザー&イートン・セントラル駅
Windsor & Eton Central Station

ウィンザー&イートン・セントラル駅

御用列車エリザベス女王の紋章

紋章のついた列車=御用列車だったのかな? エリザベス女王の紋章

ウィンザー&イートン・セントラル駅ウィンザー&イートン・セントラル駅

駅はショッピングモールが併設されていました

ウィンザーの街

ウィンザー&イートン・セントラル駅前

駅の目の前がウィンザー城です

ウィンザー城への開城時間(9:45)まで1時間ちょっと街を散策しました
駅を出て右方向 High Street 方面へ

斜めに傾いたクルックド・ハウス・ティールーム斜めに傾いたクルックド・ハウス・ティールーム

傾いた家「クルックド・ハウス・ティールーム」
1687年に建てられたこの家は、段々傾いていったそうです

ギルドホール The Guild Hall

2005年4月、チャールズ皇太子とカミラ夫人が結婚式を挙げたことで
有名になったギルドホール (市庁舎)

ギルド・ホール

毎週月曜日は無料で見学できるようです
地下に公衆トイレ(歩道から降りる階段あり)がありました

St Jone's Parish ChurchSt Jone's Parish Church

ギルド・ホールの隣には St Jone's Parish Church

Park Street

ショップやレストランの並ぶHigh Streetを行く衛兵さん

Park StreetPark Street

Park Street に入ると建物の雰囲気も変わり緑が多くなってきます

Park Street

その先には Long Wark Gate

ロング・ウォーク The Long Wark

ロング・ウォーク

ロング・ウォーク

写真左手の Long Wark Gate から入ります 入って右手を見るとロング・ウォーク
アスコット競馬の時には、女王が馬車で行く道です

ウィンザー城 ジョージ4世門

ウィンザー城 ジョージ4世門

ロング・ウォーク

終りが見えないぐらいのロングウォークです

ロングウォーク

ロングウォークロングウォーク

馬車が行ったり、リスや小動物がたくさんいて別世界のようでした

ウィンザー&イートン・セントラル駅

ウィンザーの観光バス

駅前にウィンザー城の周辺を観光するバスが来ていました

Thames Street

Thames Street をテムズ河に向かう坂を下っていきます

ウィンザー&イートン橋 Windsor & Eton Bridge

ウィンザー&イートン橋からのテムズ川

ウィンザー&イートン橋からのテムズ川

テムズ川にかかる橋、白鳥も優雅に泳いでいます

ウィンザー&イートン橋

ウィンザー&イートン橋

休憩中の衛兵さんかな? 見てるのはクルーザーの出発の様子でした

ウィンザー&イートン橋からのウィンザー城

ウィンザー&イートン橋からのウィンザー城

ウィンザー&イートン橋で振り返るとウィンザー城が見えていました

イートンの街

イートンの街

イートンの街

ウィンザー&イートン橋を渡ると、個性的なお店が並ぶイートンの街です

イートン校 Eton College

1440年に国王ヘンリー6世によって創設された英国のエリート
養成機関として知られる、名門パブリックスクール

イートン校

イートン校

イギリス王室のウイリアム王子とヘンリー王子の母校としても知られています

イートン校

イートン校

燕尾服にピンストライプのパンツという、変わらないエレガントな制服の学生たち

一般公開やガイドツアーも開催(日程は季節によって変化)されていますが、私たちが
行った日は午後からの一般公開だったので、外から見ただけでウィンザーへ戻りました

゜:*★イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻る この旅行記の旅程表へ 次のページへ

イギリス旅行記

ロンドン旅行記

1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目~7日目

準備編

イギリス個人旅行準備

スポンサーリンク