Tokoの夢物語!写真と旅行記

スロベニア・クロアチア旅行記【15】 クロアチア共和国

アドリア海沿岸 スプリット

世界遺産ロゴ スプリット Split

スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿 世界文化遺産 / 1979年

スプリット

首都ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市、古代ローマ皇帝の宮殿跡に人々が暮らす珍しい街並み

プロムナード リヴァ

ディオクレティアヌス宮殿の城壁

アドリア海沿いの駐車場でバスを降りると、目の前にはディオクレティアヌス宮殿の
南側の城壁があります

ディオクレティアヌス宮殿の南側の通り

リヴァとよばれる城壁南側の通りは、かつて海だった部分でカフェが並んでいます

古代ローマ時代のディオクレティアヌス宮殿の想像図

古代ローマ時代のディオクレティアヌス宮殿の想像図

ディオクレティアヌス宮殿 青銅の門〈南〉

ディオクレティアヌス宮殿 青銅の門

宮殿南側の「青銅の門」のある城壁に貼り付いている商店 

ディオクレティアヌス宮殿 青銅の門

青銅の門の先には階段があり宮殿の地下に繋がっています

ディオクレティアヌス宮殿の地下宮殿

ディオクレティアヌス宮殿の地下

宮殿の地下にはミュージアムショップや雑貨の店が並んでいます

ディオクレティアヌス宮殿の地下

博物館に入場します

ディオクレティアヌス宮殿の地下

博物館の中にも古代ローマ時代のディオクレティアヌス宮殿の想像図がありました

ディオクレティアヌス宮殿の地下

長い間にゴミが劣化して土になり、宮殿を支え遺跡が崩れることなく保存できているそうです

ディオクレティアヌス宮殿の地下 スフィンクス

ディオクレティアヌス帝がエジプトから12頭のスフィンクスの像を持ち帰りました
そのうち11頭はキリスト教徒に頭を壊されています

ディオクレティアヌス宮殿の地下 スフィンクス

その内の1頭が展示されています

ディオクレティアヌス帝の胸像

ディオクレティアヌス帝の胸像 244年〜311年

ディオクレティアヌス宮殿の地下

地下宮殿はしっかりした石造りの柱で支えられています

ディオクレティアヌス宮殿 皇帝のテラス

ディオクレティアヌス宮殿

宮殿の地下から1階に上がり、聖ドムニウス大聖堂が見える場所に出てきました

ディオクレティアヌス宮殿

八角形のロマネスク様式の聖ドムニウス大聖堂と鐘楼

ディオクレティアヌス宮殿 城壁の裏側

長辺200mほどの長方形の城壁に囲まれている宮殿です

ディオクレティアヌス宮殿 前庭

ディオクレティアヌス宮殿 前庭

皇帝住居の玄関広場だった前庭

ディオクレティアヌス宮殿 前庭

天井に丸い穴が開いた空間です

ディオクレティアヌス宮殿 前庭 クラパ

前庭ではクロアチアの伝統音楽である男性アカペラ合唱「クラパ」の歌声に出会うこともあります

ディオクレティアヌス宮殿 ペリスティル (中庭)

ディオクレティアヌス宮殿 ペリスティル

宮殿の中心に位置するペリスティルと呼ばれる中庭、正面は皇帝の住居への玄関口

ディオクレティアヌス宮殿 ペリスティル

ペリスティルの東側には高さ60mの大聖堂の鐘楼がそびえています

ディオクレティアヌス宮殿 ペリスティル

広場の東西に12本のコリント式の列柱が連なります

ディオクレティアヌス宮殿 ペリスティル スフィンクス像

玄関前にあるスフィンクス像は皇帝がエジプトから持ち帰ったもの

ディオクレティアヌス宮殿 鉄の門とナロドニ広場〈西〉

鉄の門

宮殿西側にある鉄の門の手前の塔

鉄の門

鉄の門

鉄の門脇の時計塔

鉄の門の脇に立つロマネスク様式の時計塔は1周が24時間です

ナロドニ広場

鉄の門から西側の城壁を出ると旧市街のナロドニ広場です

ナロドニ広場

ナロドニ広場は旧市街の中心

ナロドニ広場の市庁舎

ヴェネツィア支配時代の旧市庁舎はゴシック様式

城壁の外側

城壁の外側を西面から北面へ歩きました

ディオクレティアヌス宮殿 金の門〈北〉

金の門

北面にある金の門が見えてきました

金の門

金の門の奥に進むとペリスティルへ続いています

金の門前のストロスマエロフ公園

金の門の前にはストロスマエロフ公園があります

グルグール像

イヴァン・メシュトロヴィッチ作の司教グルグールの像

グルグール像の親指

グルグール像の左足親指にさわると幸運が訪れるといわれています
多くの人に触られてピカピカに輝いています

金の門

金の門の内側から見たグルグール像

ディオクレティアヌス宮殿 銀の門〈東〉

銀の門

ペリスティルへ戻ってきて、東側に進むと19世紀に再建された銀の門があります
ここで自由行動になったので大聖堂へ行ってみました

ディオクレティアヌス宮殿 聖ドムニウス大聖堂

大聖堂 

ペリスティルの東側にある八角形の建物が大聖堂
ディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられましたが、キリスト教を迫害した皇帝として
キリスト教徒たちに破壊されて霊廟は大聖堂となりました

大聖堂案内図

大聖堂の案内、入口があちこちにあって分かりにくかったです

入口扉

大聖堂 入口扉 

1214年に造られたロマネスク様式の彫刻が見事な入口扉
キリストの生涯を28の聖書のシーンのレリーフが装飾されています

大聖堂内部の祭壇

大聖堂の祭壇

コリント式の円柱に囲まれた大聖堂には4つの祭壇が並んでいます

大聖堂の主祭壇

アーチ部分に金で縁どられた絵画が描かれている金色の主祭壇は18世紀のバロック様式

バロック様式の聖ドムニウスの祭壇
聖ドムニウスの祭壇
バロック様式の聖ドムニウスの祭壇全体
18世紀前半に造られたバロック様式の祭壇です

ゴシック様の聖ドムニウスの祭壇

1427年に造られたゴシック様の聖ドムニウスの祭壇
祭壇の下にある石棺はロマネスク様式

聖ストシャ(アナスタシア)の祭壇

聖ストシャ(アナスタシア)の祭壇

説教壇

説教壇

13世紀に造られた八角形の説教壇

説教壇

上部には使徒ヨハネのシンボルの鷲が飾られています

聖歌隊席

聖歌隊席

木製の聖歌隊席

聖歌隊席

繊細な彫刻が美しい聖歌隊席

大聖堂の天井

大聖堂の天井

豪華なモザイク画で装飾されていた天井は、大聖堂に改築される時に取り除かれてしまったそうです

ディオクレティアヌス帝のレリーフ
ディオクレティアヌス帝のレリーフ
妻プリスカのレリーフ
妻プリスカのレリーフ

ディオクレティアヌス帝の死後に肖像はほとんど破壊されてしまいましたが
大聖堂の天井の下部に貴重なレリーフが残っています

宝物殿

宗教美術を展示しています、撮影禁止でした

宝物殿チケット

聖ドムニウスの聖遺物のチケット

クリプト

クリプト

大聖堂の地下聖堂「クリプト」への入口

クリプト

304年に殉教した聖ルチアの礼拝堂

大聖堂の鐘楼

鐘楼の階段

高さ60mの鐘楼に登ってみました 

鐘楼からの景色 南

アドリア海と青銅の門〈南〉

鐘楼からの景色 鉄の門

鉄の門・ナロドニ広場〈西〉

鐘楼からの景色 金の門

金の門・グルグール像〈北〉

鐘楼からの景色 銀の門

銀の門〈東〉

自由時間後は、ネクタイ専門店「サロン・クロアタ」の前で集合です

円形競技場アリーナまわりのネクタイ

2003年のプーラのアートプロジェクト 「円形競技場アリーナまわりのネクタイ」
クロアチアはネクタイ発祥の国です

スプリット地図

スプリットの観光を終えて昼食レストランへ向かいます

ポリュド・スタジアム Stadion Poljud

ポリュド・スタジアム

サッカースタジアムのポリュド・スタジアム車窓から見えました

ランチ レストラン Gusar

シーフードレストラン「Gusar」

シーフードレストラン「Gusar」で昼食です

シーフードレストラン「Gusar」

前菜

シーフードレストラン「Gusar」 スカンピ

スカンピ(手長エビ)のパスタ

シーフードレストラン「Gusar」

デザートはチョコレートムース

シーフードレストラン「Gusar」 テラス

アドリア海を望むテラスがありました

シーフードレストラン「Gusar」からのアドリア海

テラスから望むアドリア海  11:50〜13:10

高速道路を走りドブロブニクを目指します

路上販売

ネレトバ川沿いの青果店

高速道路を降りて、ネレトバ川沿いに青果店が並んでいました 15時頃

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニアヘルツェゴビナ国旗

Bosnia and Herzegovina

  • 首都 サラエボ
  • 面積 5.1m²
  • 言語 ボスニア語、セルビア語、クロアチア語
  • 通貨 兌換マルク(KM)
  •  

ドブロブニクは飛び地になっているので、ボスニア・ヘルツェゴビナの国境を通過し、再びクロアチアへ入国します

ネウム Neum

ネウム

ボスニア・ヘルツェゴビナのアドリア海沿いの街ネウムです

ネウム

ネウムにある Hotel Jadran の地下にあるスーパーマーケットで買い物と休憩です

「KRAS」クラッシュ

日本語表示もあるお店でバヤデラを買いました 15:35〜16:05

「KRAS」クラッシュ
クロアチアの老舗「KRAS」クラッシュ
バヤデラ ヘーゼルナッツチョコレート
バヤデラ ヘーゼルナッツチョコレート

ストンの城壁

ペリエシャツ半島のストンの城壁が車窓から見えました、ドブロブニクはもう少しです

スポンサーリンク