Tokoの夢物語!写真と旅行記

カナダ東部旅行記【11】

ナイアガラフォールズ〈8〉 テーブル・ロック

ホテルの窓からのナイアガラの滝周辺の様子

カナダでの3日目の旅程は以下の通りです
午前は、引き続きナイアガラフォールズにてナイアガラの滝周辺を見物します
午後は、トロント経由でケベックに移動します

ホテル周辺の朝の様子

朝の様子1

今朝も相変わらずの曇天です 昨日の朝よりは視界が良いように思います

朝の様子2

ホテルの庭の向う側にレインボーブリッジが見えます
右はホテルに隣接するオークズ・ガーデン・シアター

スカイロン・タワー付近の散策に出発

散策の途中に朝食を取った後、スカイロンタワーを目指し散策します

朝の様子3

ホテルを出て、オークズ・ガーデン・シアターを見物です

朝の様子4

真下から見上げてみると、ホテルの大きさがよく分かります

ティム・ホートン

朝食は、Tim Hortons でいただきました
一昨日の晩に撮影したTim Hortons の外観

スカイロン・タワー1

スカイロン・タワーまで移動します
WEGOバスの RED LINE WESTBOUND に乗って、スカイロン・タワー近くの Old Stone Inn で
下車します 展望台は薄い霧に包まれています

スカイロン・タワー2

スカイロン・タワーの真下まで歩いてきました

スカイロン・タワー3

スカイロン・タワーの看板

スカイロン・タワー4

スカイロン・タワーのロゴ

スカイロン・タワー5

展望台へのエレベーターが上がっていきます

スカイロン・タワー6

展望台に通じるエレベーターが黄色くて目立ちます

スカイロン・タワー8

エレベーターのクローズアップ
誰も乗っていないようです

スカイロン・タワー9

スカイロン・タワーの入口
こちらにも大きな看板が設置されています

スカイロン・タワー10

スカイロン・タワーの1階内部の様子
ここにもさらに大きな説明書きがあります
この時は、タワー内部には入りましたが、チケット売り場で昇っても見えないよと言われたので
展望台に昇るのは辞めました

スカイロン・タワー11

スカイロン・タワーを出て、マレー・ストリートに出ました
レストランやコーヒー・ショップが並んでいます 後方にはスカイロン・タワーが聳えています

スカイロン・タワー付近の様子

スカイロン・タワー付近の様子
手前のナイアガラフォールズ・マリオット・ファールスビュー・カジノリゾートはくっきりと見えますが、向う側のヒルトン・ホテルは見えません 展望台に登らなくてよかったです

クイーン・ビクトリア・プレイス周辺

マレー・ストリート沿いに移動します

ナイアガラ・パークス・ウェルカムセンター

近くにナイアガラ・パークス・ウェルカムセンターがあります 
さらに歩いてナイアガラ・パークウェイ沿いの歩道に出てみます

川沿いの歩道1

川沿いの歩道の方に渡り振り返ってみると、スカイロン・タワーの展望台がまだ薄い霧に包まれている様子が見えます

川沿いの歩道2

ギフト・ショップの クィーン・ビクトリア・プレイス
後方にスカイロン・タワーが聳えています

川沿いの歩道3

ここにも、Tim Hortons  が入っています

アメリカ滝1

歩道を歩いてテーブルロック方面へ移動しつつ、滝の風景を眺めます
遊覧船 霧の乙女号 がアメリカ滝のすぐ横を通過しています

アメリカ滝2

歩道を歩いてテーブルロック方面へ移動しつつ、滝の風景を眺めます
手前を見てみると、ジップ・ライン Wildplay's MistRider Zipline to the Falls の終着地点があります

カナダ滝1

カナダ滝を流れ落ちる水流と水煙がすさまじいです

カナダ滝2

カナダ滝の全景です

円形の建物

テーブルロック方面に歩きます
手前の円形の建物が Illumination Tower and Queen Victoria Park Stage
その左側の建物が Illumination Tower and Concert Stage です

投降機1

Illumination Tower and Concert Stage の近景

投降機2

カナダ滝のイルミネーションの投降機が設置されています

テーブル・ロック1

カナダ滝とテーブル・ロックの様子

テーブル・ロック2

テーブル・ロックと滝裏観光の Journey Behind the Falls の展望台の様子

テーブル・ロック3

たくさんの観光客が Journey Behind the Falls に参加しています

テーブル・ロック4

展望台のクローズアップ

テーブル・ロック5

展望台から見上げるとこんな感じです

ニコラ・テスラ

交流電流でナイナガラの水力発電に貢献した「ニコラ・テスラ」の銅像
対岸のゴート島にある銅像とは別にこちら側にもあります

テーブル・ロックの説明プレートあたりからの風景

説明のプレート

「ニコラ・テスラ」の銅像から少し先に進むと、テーブル・ロックについての説明のプレートがあります

アメリカ側の展望台

そこからのカナダ滝と対岸にあるアメリカ側の展望台の様子

背後の建物

テーブル・ロックの背後の建物
まだ、曇っています

霧の乙女号1

アメリカ側の遊覧船 霧の乙女号 がやってきました
甲板の上は相変わらず満員です 乗客はまだ余裕の様子です

霧の乙女号2

カナダ滝の間際に近寄って行きます 徐々に滝の水煙に囲まれて行きます

霧の乙女号3

ほぼ全員がフードをかぶりました

霧の乙女号4

カナダ滝の滝壺の間際に突入です

霧の乙女号5

滝壺間際の観光を終え、ユーターンして帰途につきます

テーブル・ロック

テーブル・ロックに到着です

花壇

テーブル・ロック・ハウス付近の花壇

建物1

少し青空が見えてきました
右端の建物はナイアガラフォールズ・マリオット・ファールスビュー・カジノリゾート

建物2

ナイアガラ・パークウェイを挟んで高台にある高層ホテル群 
左から
ナイアガラ・フォールズ・マリオット・オン・ザ・フォールズ、
ナイアガラ・フォールズ・マリオット・ファールスビュー・ホテル&スパ、
タワーホテル・アット・フォールズビュー(コニカ・ミノルタ・タワー)
エンバシースイーツ・バイ・ヒルトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビュー 

レイルウェイ

フォールズ・インクライン・レイルウェイ
テーブル・ロック・センターと背後の高台に林立するホテルを結ぶケーブルカーです
延長:58m、傾斜:30度

稼働堰

上流にある稼働堰が見えます
相変わらず観光客で賑わっています

カナダ滝10

晴れてくると、滝の印象がガラリと変わります

カナダ滝11

水面の光の乱反射がなんとも綺麗です

カナダ滝12

川の流れが滝壺目掛けて真下に落ちていきます

水煙と風

すさまじい水煙と風でレンズに水滴が付いてしまいます

虹

滝の水煙がスクリーンとなって虹が現われました

天気は回復

青空の面積が増えてきました 天気は回復基調です 
ホテル方面に帰ろうとバス乗り場に向かいます

スカイロン・タワーは雲の中

スカイロン・タワーの展望台はまだ雲に覆われています スカイロン・タワーに昇っても
無駄なようです

と言うことで、バスに乗ってホテルに向かうことにしました しかし、天候が完全に回復したので途中下車し、もう一度スカイロン・タワーに行くことにしました

スポンサーリンク