イギリス旅行記 ロンドン セントポール大聖堂

Tokoの夢物語!写真と旅行記
http://www.tokotabi.net/

イギリス旅行記【12】ロンドン〈5〉 セントポール大聖堂

旧式ダブルデッカー「ルートマスター」旧式ダブルデッカー「ルートマスター」

旧式ダブルデッカー「ルートマスター」
ロンドン名物の2階建てバスのダブルデッカーには「ルートマスター」と呼ばれる
旧タイプのバスがありましたが2005年12月に引退してしまいました

しかし9番と15番のルートの一部にヘリテージルートとして走っています
このバスには、ドアはなくて停留所でなくても降りることができるそうです

トラファルガースクエア(Trafalgar Square) はあらゆる方面へのバスが出発しています
「ルートマスター」にも出会えるかもしれません
トラファルガースクエアはバス停もたくさんあるので
バス停の位置はTransport For London のホームページで確認してください
私は11番のバスにFのバス停から乗車セントポール大聖堂(St.Paul's Cathedral)で下車


大きな地図で見る

セント・ポール大聖堂 St.Paul's Cathedral

セント・ポール大聖堂

イタリア・ルネッサンス様式の荘厳なドームを持つ大聖堂
英国国教会の教会 大きなドームは近いと見えません

セント・ポール大聖堂

1981年にチャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げたことでも有名

セント・ポール大聖堂チケット

£9 ロンドンパスで無料 混雑時地下室から入場可能 日本語案内書あり 撮影禁止

セント・ポール大聖堂

高さ111m 幅74m 奥行き157m の大きなドームです

セント・ポール大聖堂案内書

右側の回廊への階段で、高さ30m、257段の階段を上がると「ささやきの回廊」
高さ23m、118段で「石の回廊」
高さ30m、153段で「金の回廊」ここからはロンドンの街が一望できるそうです
私たちは「ささやきの回廊」まで上り細い通路を1周しましたドームの下の部分
を廻るような感じです、かなり疲れたので上に登るのはあきらめました
再び11番のバスに乗車、少し戻ってRoyal Couts Justiceで下車します

テンプル教会 The Temple Church

「ダ・ヴィンチ・コード」でパリを離れてロンドンに舞台を移し最初に出てくるのが
このテンプル教会です

テンプル教会への門

Fleet.St.のRoyal Courts of Justiceバス停で下車すると、建物の間にこのような門が
あります どこかの家の門のようで入りにくいですが、道なので入ってOKです

テンプル教会

細い路地を進むとテンプル教会が見えてきます

テンプル教会テンプル教会

行ったときは残念ながら閉まっていて中に入ることができませんでした
テンプル教会は、開館時間が短く日によって違うので
テンプル教会ホームページで確認してから行かれた方がいいです

テンプル教会テンプル騎士団

横に回ると広場があり、テンプル騎士団の像が石柱の上にありました

テンプル

地下鉄テンプル駅からFleet.St.までテンプル地区のようです

テンプル地区の建物

テンプル教会のすぐお隣には、中庭を囲むように素敵な建物がアパートでしょうか
ミドル・テンプル・ホールにも行きたかったのに行き忘れてました~

【送料無料】 ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション 【BLU-RAY DISC】

王立裁判所王立裁判所

王立裁判所

Fleet.St.に戻って西へ歩いて行くと王立裁判所(Royal Courts of Justice)の建物が向かいに

紅茶の「トワイニング」の本店エリザベス女王御用達の紋章

紅茶の「トワイニング」の本店 エリザベス2世女王御用達の紋章がありました

テンプル駅への道

サマセット侯爵の館のサマセット・ハウス内にあるコートールド協会美術館に行く道に
迷ってしまいました アフタヌーンティーの予約の時間がきてしまったので今回はあき
らめました 地下鉄テンプル駅からナイツ・ブリッジ駅で下車
アフタヌーンティーを予約している、ホテルバークレーへ向かいました

゜:*★イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻る この旅行記の旅程表へ 次のページへ

イギリス旅行記

ロンドン旅行記

1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目~7日目

準備編

イギリス個人旅行準備

スポンサーリンク