Tokoの夢物語!写真と旅行記

イギリス旅行記【7】 英国

オリエント急行〈2〉 ザ・ブリティッシュ・プルマン乗車

ブリティッシュ・プルマン 日帰りツアー 後編

ORIENT EXPRESS THE BRITISH PULLMAN

リーズ城観光を終えて再びバスに乗車、英仏海峡トンネルのイギリス側の駅フォークストーン(Folkestone)へ、英仏海峡トンネルはイギリスのフォークストーンとフランスのカレーの間のドーバー海峡を結ぶユーロスターも走る鉄道用の海底トンネル

フォークストーン Folkestone

フォークストーン

引き潮のフォークストーン港

フォークストーンからの白い崖

白い石灰層の崖ホワイト・クリフかな?

フォークストン駅のオリエント急行
フォークストン駅のオリエント急行

フォークストーン駅でオリエント急行のお出迎えです

オリエント急行
オリエント急行
オリエント急行

オリエント急行

ORIENT EXPRESS THE BRITISH PULLMAN

ブリティッシュ・プルマンは1輌の荷物車と11輌の客車で編成されて252名定員です

オリエント急行

スチュワードが迎えてくれて、席まで案内してくれます

アイビス号 IBIS
アイビス号 IBIS
1925年1等キッチン車として建造、1968年引退
1981年バーミンガム鉄道博物館より
ミネルバ号 MINERVA
ミネルバ号 MINERVA
1927年1等パーラー車として建造
1981年レイチャーム・グリーク鉄道博物館より

各車輌ごとに歴史があります

ミネルバ号 MINERVA

ミネルバ号 間仕切り
ミネルバ号個室

私たちが乗車したミネルバ号は個室や間仕切りがありました

ミネルバ号車内

ミネルバ号車内
オリエント急行「ミネルバ号」

カタログやパンフレットが席に置かれていました

オリエント急行ミネルバ号
オリエント急行ミネルバ号
オリエント急行ミネルバ号

オリエント急行車内より

フォークストーン駅を出発 14:45

オリエント急行車内より

約2時間半 ロンドン・ヴィクトリア駅へ向かいます

カナッペ
オリエント急行シート
シャンパン

カナッペがお皿に配られ、シャンパンがChampagne Glassesに注がれます
このChampagne Glasses £200 で販売されていました

オードブル
鴨のスモーク
サーモンのフィレ
サーモンのフィレ
赤ワイン
赤ワイン
コーヒー
コーヒーとプティケーキとチョコレート
レモンとブルーベリーのムース
レモンとブルーベリーのムース

トイレの床
オリエント急行車内

トイレの床も素敵なタイルの装飾があり車両によって内装もまったく違いました

オリエント急行
ロンドン・ヴィクトリア駅

ロンドン・ヴィクトリア駅到着 17:15

ゆっくり食事を楽しんでいたら、あっという間にロンドン・ヴィクトリア駅到着です
オリエント急行の到着ホームは、ガラス張りの壁に仕切られて、誰でも近くに行くことは出来なくなってます
オリエント急行スタッフに見送られて、ちょっぴり贅沢な小さな旅の終了です

゜:*★イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

スポンサーリンク