Tokoの夢物語!写真と旅行記

カナディアンロッキー旅行記【10】

ボウ・レイクとクロウフット氷河 Bow Lake & Crowfoot Glacier

アイスフィールド・パークウェイをさらに進んでボウ湖とクロウフット氷河を観光します

アイスフィールド・パークウェイ図

ボウ・レイク Bow Lake

ボウ氷河の雪解け水が、モレーンと言われる堆積物でせき止められてできた氷河湖でボウ川の水源になっています 湖のすぐ横をアイスフィールド・パークウェイが走っていて、湖畔には1930年代に建てられた赤い屋根のロッジもあります

ボウ・レイク1

ボウ・レイクのほとりから かなり大きな湖です
正面真ん中やや左手にはボウクロウピーク、その右にクロウフット山が見えます(ちなみにこれらの間にこれから訪れるクロウフット氷河があります)

クロウフット山

クロウフット山 その裏には大量の雪が積もっています
樹木の大きさから察するに、山の大きさ、さらには湖の大きさがよく分かります

ボウ・レイク2

湖の水はほんと綺麗です でも冷たそうです

ボウ氷河1

少し波立っています 向うにボウ氷河が見えます
左端がセントニコラスピークにつながる稜線 右端の尖った峰がポータルピーク 

ボウレイク周辺説明

流木が打ち寄せられていました

ボウ氷河2

ボウ・レイクとボウ氷河 氷河から溶けた水が滝になっている様子が見えます

ナムタイジャ・ロッジ

ボウ・レイクのほとりに建つどこか懐かしい雰囲気のログキャビン 
ロッキーの名ガイド ジミー・シンプソン が1930年代に建てました ボウ・レイクのシンボルになっています

ナムタイジャ・ロッジ

ナムタイジャ・ロッジをバックに

ボウレイクの魚

ボウ・レイクに注ぐ小川には魚が泳いでいました 

クロウフット氷河 Crowfoot Glacier

ボウ・レイクを出てさらにレイク・ルイーズ方面に進むと、右手にクロウフット氷河が現れます

クロウフット氷河1

巨大なカラスの足跡の形をした氷河です 19世紀に発見された当時には3本足でしたが、現在は一番下の足が消滅しています

クロウフット氷河2

クロウフット氷河の大写し 
足が1本消滅してしまったとは言え、氷河のすごさには圧倒されます

クロウフット氷河3

展望台には案内板もありました

クロウフット氷河4

クロウフット氷河観光の後は、いよいよレイク・ルイーズへ向かいます

戻る 前のページへ

更新中 進む

スポンサーリンク