Tokoの夢物語!写真と旅行記

カナディアンロッキー旅行記【6】

ジャスパー エディス・キャベル山&エンジェル氷河

エディス・キャベル山とエンジェル氷河観光

ジャスパーでの自由時間は1日 訪れたい場所は、マリーンレイク、ウィスラーズ山、エディスキャベルの3箇所でした 
そのうち、午前中のオプショナルツアーでマリーンレイク、午後のオプショナルツアーでウィスラーズ山の2箇所を訪れ、3箇所目のエディスキャベルは諦めていました ところが、現地ガイドの方に相談したところ、なんと2箇所目の観光後、エディス・キャベルへのツアーも2人だけで催行していただけることになりました (ガイドさんに感謝)

エディス・キャベル山の付近の図

エディス・キャベル山の付近の図

マーモット1

エディス・キャベル山に向う途中、路上に車を止めてマーモットを撮影する人たちがいました

リスのお迎え

エディス・キャベル山に到着したら、リスがお出迎えしてくれました

パス・オブ・ザ・グレイシャー1

パス・オブ・ザ・グレイシャー

 駐車場からの平坦なトレイルで、エンジェル氷河の真下にある氷河湖へと続いています
 1.6km 所要時間は1時間

パス・オブ・ザ・グレイシャー2

後方にキャベルレイクが見えます 何人かトレイルを歩いています

エディス・キャベル山の氷河湖1

氷河湖が見えてきました

エディス・キャベル山の木

岩の割れ目からにょきっと1本の木がはえてきてました すごい生命力です

エディス・キャベル山 Mt.Edith Cavell

エディス・キャベル山の名前は、第一次世界大戦中、連合国の捕虜を解放した看護婦に
敬意を表して付けられました
ジャスパーの町から南の方角に見れる台形の標高3,363mの山 その北壁に天使が純白
の羽根を拡げたようなエンジェル氷河があります

ガスに覆われたエディス・キャベル山

エディス・キャベル山の山頂部分はガスに覆われていて見えません

エディス・キャベル山の雪崩

突然、雪崩が発生しました

エディス・キャベル山の山塊

見上げると岩の壁が聳えています

エディス・キャベル山と青空

エディス・キャベル山の後方に少しだけ青空が見えてきました

エンジェル氷河 Angel Glacier

エディス・キャベル山とエンジェル氷河1

エディス・キャベル山とエンジェル氷河

エンジェル氷河と氷河湖1

エンジェル氷河と氷河の池

エンジェル氷河1

エンジェル氷河の全容(エディス・キャベル山とのつながり)

エンジェル氷河2

羽根を拡げた天使のように見えることからその名がつきました
地球温暖化のせいで氷河の真ん中が解けてしまいました

エンジェル氷河案内板

案内板の下の図は氷河が解けずに繋がっている様子を示しています

エンジェル氷河拡大図

エンジェル氷河の大写し

氷河の池

エディス・キャベル山の氷河湖2

湖面には沢山の氷の塊が浮いています

エディス・キャベル山の氷河湖3

ガイドさんと

エディス・キャベル山の氷河湖4

氷河湖は一見小さく見えるけれども、実際には結構大きいです よって氷河はもっと巨大です

エディス・キャベル山の氷河湖5

後方に米粒のように人が立っているのが見えます 氷河湖と氷河の大きさが分かります

エディス・キャベル山の氷河湖6

氷河の氷は冷たかったです

パス・オブ・ザ・グレイシャーとキャベルレイク

パス・オブ・ザ・グレイシャーを通って駐車場へ戻ります
その後、前方に見えるキャベルレイクに向かいます

キャベルレイク

マーモット2

キャベルレイクに到着しました 再びマーモットが現れました

キャベルレイクとエディス・キャベル山1

キャベルレイクとエディス・キャベル山

キャベルレイクとエディス・キャベル山2

この時熊が出るかと戦々恐々でした

エルク再び登場

ホテルへの帰り、車が止まっていると思えば、またもやエルクの登場です 
熊でなくて良かった ホッ!

エディス・キャベル山とキャベルレイク

最後に晴れてたらこんな感じです(絵はがきより)

 

戻る 前のページへ

更新中 進む

スポンサーリンク