フランス周遊旅行記 アルル 夜のカフェテラス

フランス周遊旅行記【17】アルル〈3〉 夜のカフェテラス

カフェ・ヴァン・ゴック 『夜のカフェテラス』
Cafe Van Gogh 『Le Cafe La Nuit』

アルル旧市街のフォーロム広場にある「カフェ・ヴァン・ゴック」につきました
1888年に画家 “ゴッホ” はここで代表作のひとつ『夜のカフェテラス』を描きました
なお、フランス語では 「ゴッホ」ではなく「ゴック」だそうです 

カフェ・ファン・ゴック1

「カフェ・ヴァン・ゴック」 ゴッホの絵と違って少しゴチャゴチャしてました 
夜ではないですが建物には当時の雰囲気が残っていました

夜のカフェテラス 写真

ゴッホの絵と同じアングルで撮ってみました

夜のカフェテラス 絵

こちらが “ゴッホ” の絵画『夜のカフェテラス』

夜のカフェテラスのメニュー看板

メニュが書かれている黒板

夜のカフェテラスの内部

内部は落ち着いた感じでした

夜のカフェテラスの壁夜のカフェテラスの椅子

壁には『Cafe Van Gogh』、椅子には『Le Cafe La Nuit』と表記されていました

夜のカフェテラスで一服

ここで小休止を取りました (壁沿いの席から通りを望む) 

夜のカフェテラスの入り口

席は結構多かったです

夜のカフェテラスで一服その2

壁がカンバスのようです

エスパス・ヴァン・ゴッホ Espace Van Gogh

カフェ・ヴァン・ゴックでの小休止の後、徒歩でエスバス・ヴァン・ゴッホへむかいます 

エスバス・ヴァン・ゴッホ1

ここはゴッホが精神を病み「耳きり事件」を起こした後に療養生活を送った病院跡です

アルルの療養所の庭

ゴッホの絵「アルルの療養所の庭」
中庭はこの絵に基づいて復元されています

エスバス・ヴァン・ゴッホの2階

2階に登ってみました

エスバス・ヴァン・ゴッホの中庭

2階から眺めるとゴッホの絵に基づき復元されたのがよくわかります

エスバス・ヴァン・ゴッホ中庭噴水

現在は図書館や店舗等が入った総合文化センターになっています

La Fuente 昼食

ドーデの風車へ出発する前にアルルで昼食をとりました

レストラン「La Fuente」おもて

カラド通りに面するレストラン「La Fuente」 にて昼食をとりました 

レストラン「La Fuente」中庭

レストランの内部 中庭にも席が設けられていました

レストラン「La Fuente」内部の壁

内装も凝ってました 食事の写真を撮り忘れました・・・

カラド通りの看板

同じカラド通りに面したワイン屋さんの看板

アルルの観光を終えて、次はドーデの風車へ向かいます

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

前のページへ戻るこの旅行記の旅程表次ページへ

フランス旅行記

フランス周遊旅行記

1日目

ニース①ニース到着

2日目

3日目

4日目

5日目

フランス
   ・ドイツ旅行記

スポンサーリンク